シンプリーキャットフードは腎臓病の予防になる?知っておきたいポイント

猫の病気の中で多い腎臓病ですが、シンプリーは腎臓病の予防になるのかな?

と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

シンプリーは、一般で市販されていない為ネット通販でしか購入できません。

慢性腎臓病の猫を見送った事と、急性腎臓病から尿路結石になった猫を飼っている立場の飼い主として、知識があまりない方や老猫(シニア)さんを飼っていられる飼い主さんでシンプリーキャットフードの購入を迷われている方のために色々まとめてみました。

シンプリーキャットフードは腎臓病の予防になる?腎臓病とは

猫の腎臓病とは、腎臓の働きが悪くなり体に溜まった老廃物をオシッコで排出する事ができなくなる病気です。腎臓病と言っても、種類が急性腎臓病と慢性腎臓病に別れます。

急性腎臓病は、名前の通り突然腎臓の機能が悪くなりオシッコが排出されなくなる症状です。早い段階で内服や点滴などの治療を行えば、改善の余地はあります。

腎臓病でも圧倒的に多いのが慢性腎臓病ですが、進行は老化と共に緩やかにだんだん腎臓の働きが悪くなり機能しなくなるという病気です。

一度、慢性腎臓病になると完治はしません。血液検査で分かるのですが、症状が出ている時点で腎臓機能の75%が機能しなくなっています。今後は、残りの25%の腎臓の機能を負担なく過ごさせるかの治療になります。

シンプリーキャットフードは腎臓の予防になる?腎臓病の初期症状

では、慢性腎臓病の初期症状としてどんな症状があるのかご紹介します。

  • 水を多く飲む
  • オシッコの量が多い
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる
  • 体重が減る
  • 毛並みが悪くなる
  • 吐く
  • お腹がふくらむ
  • 口臭がする

初期の症状は、水を多く飲むようになったりオシッコが匂わなくなるのが特徴です。シンプリーの切り替えを検討する前に、このような症状が出ていないか体調をチェックして下さい。

シニア(老猫)になり、食欲不振になってきたからキャットフードの切り替えを考えられる方もいらっしゃいますが、腎臓の機能が落ちてきている可能性もあります。

ただの食欲不振だと思わず、おかしいと思った場合は病院での診察を先に優先してあげて下さい。

シンプリーキャットフードは腎臓予防になる?年齢によって発症率は変わる

腎臓病は、年齢によって発症率はあがります。ですが、遺伝的なもので子猫でもかかりますし若い成猫でもかかります。

一般的には、猫は7歳から老化が始まり10歳になると立派なシニア(老猫)に入ります。老化と共に、腎臓病の働きも衰えてきますので10歳頃から腎臓病は起こりやすくなると言われています。

ですから、シニア(7歳から)に入ったら日頃から飼い主さんが体調の変化に気を配ってあげる事が必要です。シニアさんは6ヶ月~1年に1度、病院で血液検査や尿検査をしてあげると早期発見に繋がります。

なるべく子猫の時から病気のリスクを減らすために、添加物が入ったものや穀物でかさ増しされた市販されたキャットフードは避けた方がいいでしょう。

シンプリーキャットフードは腎臓予防になる?急性腎臓病から尿路結石になった経験

上の画像は、愛猫の11歳のチンチラシルバーです。1歳になる前に急性腎臓病から尿路結石になりました。離乳食の切り替えで、ウエットフードも食べさせてあげようかな?と考えていた頃に突然体調不良に。

トイレもちゃんとできていたのに、オシッコをチョロチョロ中腰で出そうとしていて出したいけど出ない感じ。1~2歩歩いてはまた中腰になり、様子がおかしいので病院にいくと急性腎臓病からなるストラバイト結石と診断。

『尿管にストラバイト結石が詰まり、オシッコが出ない状態です。』と担当の先生に言われました。4日間、尿管に管を通し入院しています。

ちゃんとしたキャットフードを選んであげていたのに、何故だろうと辛かったです。先生の話では、腎臓病は大人になって発症する場合も多いけれど、遺伝や体質で子猫の時に発症する場合もあると説明してくれました。つまりうちの子は、腎臓病になる体質で生まれてきた事になります。

以来、11年病院からすすめられたロイヤルカナンPH2尿路結石のフィッシュ味を食べています。

シンプリーキャットフードは腎臓予防になる?慢性腎臓病の猫を見送りました

上の写真の猫は、15歳で慢性腎臓病と診断され17歳まで生きてくれた愛猫です。15歳で慢性腎不全と診断されてから療養食のロイヤルカナン腎臓サポートスペシャルを与えていました。

以下、シンプリーとの比較です。

 シンプリー約380kcal(100gあたり)(療法食)ロイヤルカナン腎臓サポートスペシ 392kcal/100g
粗タンパク質37.00%21.0%以上
脂質20.00%15.0%以上
粗繊維1.50%5.7%以下
粗灰分9.50%6.3%以下
水分7.00%6.5%以下
リン1.32%0.08g
マグネシウム0.13%0.02g
ナトリウム0.80%0.10g
カルシウム1.89%0.2g
カリウム0.60%0.23g
タウリン0.06%0.06g

シンプリーはあくまでも、病気にならないように予防で与えてあげるととてもいいキャットフードです。腎臓病にすでになってしまっている猫ちゃんにはおすすめできません。

カロリーは大丈夫そうですが、腎臓病予備軍・腎臓病の猫にとってマグネシウム、リン、ナトリウムがシンプリーは成分的に高いからです。

療養食ではないという事を忘れないで下さい。

シンプリーキャットフードは腎臓病の予防になる?シンプリーをおすすめできる猫

シンプリーキャットフードの対象年齢は子猫から老猫(シニア)まで対象とされています。

が、個人的な意見としてシニア(老猫)でシンプリーに切り替えたい場合、腎臓病の初期症状が出ていないかチェックしてからの切り替えがいいでしょう。

おすすめできるのは、子猫から6歳位までの元気な猫さんです。

子猫の場合でも、去勢手術後にキャットフードの切り替えを取り入れると体調不良の原因になります。術後に元気になって欲しいという気持ちも分かるのですが、猫はデリケートな生き物です。

いきなりキャットフードの切り替えはリスクを伴いますので、術後2~3ヶ月は傷口や体調が落ち着くまで食べ慣れたフードを与えてあげる事をおすすめします。

私の経験から、腎臓病になりやすい猫種は長毛種の男の子。ヒマラヤン・ペルシャチンチラです。たまたまだったのかもしれませんが、尿路結石や腎臓病になりやすい体質なのかなと思います。

子猫から6歳までの元気な猫さん

シニア(老猫)だけど、特にオシッコに異常もなく食欲不振でもない場合は是非試してあげて下さい(*^_^*)

子猫からシニアまで健康で長生きできるシンプリーはこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です